海外旅行・世界一周に持っていくべきおすすめ便利グッズ21選|世界一周経験者

  • 本記事の信頼性
この記事を書いた人

当ブログでは「人生を豊かにする選択を」をコンセプトに、海外旅行にまつわる情報をメインに発信します。僕のプロフィールはこちら

海外旅行中は飛行機などの移動も多く、たくさんの荷物をパッキングする必要があり、非日常になるぶん、便利グッズにサポートしてもらうがすごく大事です。

今回はその中でも、世界一周をしていたわたしが実際に使用していたものや持って行けばよかったと思う便利グッズを21選を紹介します。

海外旅行の計画を立てて準備中の方はぜひ参考にしてください!

海外旅行に行くならAmazonプライム会員になっておこう

などAmazonプライムに加入するとメリットが盛りだくさん!
海外旅行の準備中から入っておくのがおすすめです!

目次

荷造りやパッキングを楽にする便利グッズ4選

パッキング画像
荷造りやパッキングを楽にする便利グッズ
  • 衣類圧縮袋
  • ガジェット収納ポーチ
  • SIMカードケース・イジェクトピン
  • ノートパソコンケース

衣類圧縮袋

旅行で一番かさばる荷物が衣類。

衣類をコンパクトに収納できれば旅行のバッグもコンパクトにできます!

そのためには手で潰すだけで衣類をペシャンコに圧縮できる衣類圧縮袋が必須。

袋ごとにTシャツ用、下着用、ズボン用と分けて入れればスーツケースの整理整頓にもなって一石二鳥です。

圧縮袋は複数枚持っておくようにしましょう!

▼ビニール袋タイプ

こちらは空気を抜いてぺっちゃんこにできるのでかなり薄くなるのが特徴!
また価格も安くガシガシ使えるのでとりあえず使ってみたい人はビニール袋タイプがおすすめ!

▼ファスナータイプ

こちらはファスナーを使って圧縮するタイプの圧縮袋。
服がシワだらけになりにくかったり、服を大事にしつつスタイリッシュにスーツケースを整理できるタイプです。
ただ、空気を抜くタイプほどはぺっちゃんこにならないので使い分けが重要になります!

ガジェット収納ポーチ

現代においてスマホ、カメラ、タブレットなどのガジェットは旅の必需品。

そして、付随するケーブル、WiFi、イヤホン、電源ケーブル、なども持ち運ぶ必要がありますが、何かと絡まってごちゃごちゃしてしまいますよね?

それらをひとまとめに収納できるポーチは非常に便利です。

このポーチがあれば、ケーブルが絡まるストレスから解放されますよ!

SIMカードケース・イジェクトピン

現地のSIMカードを使う予定の人は必ず持っておくべきアイテム。

SIMカードが傷つくと使えなくなるので、必ずケースに入れて保管しておきましょう。

うぃんでぃ

世界一周中は国ごとでSIMカードを買っていたので収納に困っていました…笑

ノートパソコンケース

海外旅行にパソコンを持ち歩く人も増えていると思いますが、移動中に傷ついたりしてしまいがち。ノートパソコンケースは持っておきましょう!

ポケットが多く、ケーブルやSDカードのほかにも筆記用具なども入れることもできます。
さらには撥水加工になっており、多少の雨程度であれば耐えられます。

旅行以外にも普段使いでももちろん重宝するアイテムなので、持っておくことをおすすめします!

ホテル・宿での便利グッズ6選

hotel
ホテル・宿での便利グッズ
  • 変換プラグ
  • トラベル用洗剤
  • 吊り下げ型バスルームポーチ
  • PowerCore Fusion(USB充電器 兼 モバイルバッテリー)
  • Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル
  • 延長ケーブル

変換プラグ

忘れがちですが、海外はコンセントプラグの形が日本と異なる国があります。
そのため海外旅行中に電化製品を使用する場合、変換プラグが必要になります。

日本のプラグの種類はAタイプなので、同じ種類を使用しているアメリカでは変換プラグは不要ですが、電圧は異なるため注意が必要。

全種類がまとまっているものを1つ持っているとずっと使えて荷物も増えないので非常に便利です!

¥1,982 (2023/07/30 21:20時点 | Amazon調べ)

トラベル用洗剤

長期の海外旅行ではすべての服を持って行かず、洗濯して着回すことがおすすめ。

コインランドリーを使ったりホテルの洗濯サービスを使うことのもいいですが、節約したい私は、手洗いをしています。

そのときに必要になるのが洗剤。
もちろん現地調達も可能ですが、結構洗浄力が強く手荒れの原因にもなるので手洗い用洗剤をもっていくと安心です!

うぃんでぃ

ぼくが世界一周していたときはインドで買った粉洗剤を使ってました笑

吊り下げ型バスルームポーチ

グチャグチャになりがちな旅先の洗面台。

吊り下げ型のトラベルポーチなら中についているフックで吊り下げたまま取り出し&収納ができてかなり便利!

洗面所にポーチごとぶらさげておけば、中身を洗面台に並べる手間が省け、チェックアウト前の片付けもササッと終わります!

うぃんでぃ

世界一周中はこれに水回りのもの全てを入れて旅してました

PowerCore Fusion(USB充電器 兼 モバイルバッテリー)

何かと増えがちな充電器ですが、そんな悩みを解決してくれるのが、USB充電器とモバイルバッテリーの1台2役をこなすAnkerのPowerCore Fusionシリーズ製品。

簡単に言うと、モバイルバッテリーに折りたたみ式のコンセントがついている製品です。

コンセントに挿してケーブルと端末を接続するUSBアダプターと、街歩き中にスマホの充電をするためのモバイルバッテリーの2つを持って行きたいもの。

その2つが、PowerCore Fusionシリーズであれば1つで済むんです。

とりあえず宿では寝る前にこれを使って充電しておけば、翌日も満充電のiPhoneとモバイルバッテリーが使える安心感がすごい。

Anker 511 Power Bankはリップスティック型でポーチに入るほどコンパクトなので、かなりおすすめです!

Anker PowerLine II 3-in-1 ケーブル

iPhoneとカメラやワイヤレスイヤホンなど、複数の電子機器を持っているとケーブルも増えがち・・・

ですが、このANKERのPowerLine II 3-in-1 ケーブルがあれば1本でOK

iPhoneやiPadに対応したLightningのほか、USB-C、microUSBも充電可能な3wayケーブルです。

とりあえずこれがあればすべて充電できるので1本持っておくと安心です。

延長ケーブル

意外とあると便利なのが延長ケーブル。

特に安宿に泊まる人やゲストハウスに泊まるバックパッカー、家族や友達など大人数で旅行する人は持っていくべきです!

日本のホテルでもたまにありますが、ベッドからコンセントまでが遠かったり、1口しかなくてスマホとカメラが同時に充電できなかったりするとかなり不便。
大人数だと取り合いになったりしますよね…。

延長ケーブルを一つ持っておくと、コンセントを近くまで持ってきたり、コンセントの取り合いを防げたりと重宝します!

飛行機や移動時間を快適にする便利グッズ6選

機内の様子
飛行機や移動時間を快適にする便利グッズ
  • ネックピロー
  • ウルトラライトダウン
  • サンダル
  • アイマスク
  • 耳栓
  • 濡れマスク

ネックピロー

長時間のフライトにはネックピローを持って行くことをおすすめします!

ネックピローは、首への負担を軽減し、快適な睡眠を助けてくれます。

種類はいろいろありますが、荷物が増えるので使う時だけ空気をいれて使えるものが特におすすめです!

ウルトラライトダウン

ウルトラライトダウンは暑がりでなければもっておくことをおすすめします!

飛行機や電車って空調が効きすぎて結構寒かったりしがちなんですよね。

そんなときに一枚さっと着れるウルトラライトダウンがあると本当に助かります。

使わない時はすごく小さくなるので、機内持ち込みにも最適です!

サンダル

長いフライトで靴を履きっぱなしだと足がすごい疲れるんです。
飛行機の中ではサンダルに履き替えておくようにしましょう!さらに、ホテル内でもサンダルがあると役に立ちますよ!

アイマスク

アイマスクは飛行機で配られたりもするので、マストではないのですが、神経質な人におすすめのアイテムです。

普通のアイマスクとは違っていて、マスクがまぶたに触れません。

目の周りを覆ってくれるので、すきまから光が差し込んでくるということも防げます。

絶対真っ暗じゃないと眠れない、まぶたにアイマスクがあたるのは嫌だという人は、このようなアイマスクがおすすめです!

耳栓

耳栓もアイマスク同様、飛行機で配られることもありますが、結構圧迫感があるもので気になる方は自分で持って行きましょう。

この耳栓はいわゆるカナル型イヤホンに近い形になっていて、耳の装着感も違和感がありません。

ケース付きなので無くしにくい上に、スタイリッシュなデザインで大切にしたくなりませんか?

水洗いも可能なので、旅行だけでなく普段使いとして集中したいときなどにもおすすめです。

濡れマスク

機内ってすごく乾燥してるんですよね・・・

喉が乾燥しやすい人にとって、機内の乾燥は辛いもの。喉が乾燥していると風邪などの体調不良の原因になります。

そんな人におすすめの便利グッズが「濡れマスク」

マスク内部に付属の濡れたフィルターを挿入し、そのスチーム効果で約10時間も喉を潤してくれる便利グッズです。

喉が弱い人は1セットは機内持ち込みバッグに忍ばせておきましょう!

快適ガードプロ
¥1,216 (2023/08/06 11:19時点 | Amazon調べ)

街歩きや観光で持っておくべき便利グッズ5選

観光の様子
街歩きや観光で持っておくべき便利グッズ
  • 流せるティッシュ
  • セキュリティーポーチ
  • 紛失防止タグ
  • ゴリラポッド(三脚)
  • GoPro

流せるティッシュ

日本では当たり前のお手拭きですが、海外では置いていないことも多く、ティッシュは意外と大活躍します。

また、海外は日本のように綺麗に管理されていないトイレも多いんです。トイレットペーパーがなかったりもするのでティッシュは持っておくようにしましょう!

セキュリティーポーチ

服の下やズボンの下に貴重品を隠すことができる財布です。薄い作りになっているので、持ち運びにも便利です。海外ではできるだけ貴重品は分離させることを意識しましょう。

紛失防止タグ

持ち物は無くさないよう気をつけるのが一番ですが、何が起こるかわからないのが海外旅行。

ロストバゲージ・盗難・スリなど気をつけていてもトラブルに巻き込まれる可能性は大いにあります。

盗難であれば海外旅行保険が効きますが、残念ながら紛失による補償がありません。そのため、貴重品を失くしてしまうと諦めるしか他ありません。

ですので、紛失予防として紛失防止タグがおすすめ

忘れ物や置き忘れは、旅行中や普段の生活にかかわらず時間やお金のロスがありますが、こうした紛失防止タグを使って予防しておくようにしましょう!

海外旅行でのトラブルを防ぐための防犯対策や他の防犯グッズは「海外旅行の防犯対策」で紹介しています!
併せてチェックしておきましょう!

ゴリラポッド(三脚)

思い出の自撮りにおすすめなのが三脚。

そのなかでもこのゴリラポッドはとくにおすすめです。

ゴリラポッドのいいところは足がくねくねと曲がるところ。

そのため、不安定な足場にもフィットさせることができるうえに、柱などにも巻き付けることができてもはや足場がなくてもカメラをセットすることができます。

ジョビー(JOBY)
¥1,764 (2023/08/06 11:17時点 | Amazon調べ)

カメラではなくスマホを使用する際にはこちらをセットで使うとよいでしょう!

GoPro

言わずと知れたアクションカム「GoPro」。旅行にはもってこいのカメラです。

コンパクトなボディで持ち出しやすく、どんな場所でもさっと記録できます。

手ぶれ補正がかなり高性能で景色や海外の何気ない風景も収めておくと後々いい思い出になるでしょう!

正直、最近はスマホのカメラ性能もかなりあがっているので物足りない人は持っておくと旅行が一段と楽しくなると思いますよ!

まとめ

頻繁にはいけない特別な海外旅行。

だからこそしっかり準備をして、快適で安心・安全により一層楽しい思い出にしていただければと思います。

今回紹介した海外旅行の便利グッズは日常でも使える物が多く、長く使用できるお得感もあります。

ぜひ自分に必要なものをチェックしてみてくださいね!

\ 海外旅行の準備手順を把握していい旅にしよう/

\ 防犯対策もしっかりしましょう! /

\ おすすめのクレジットカードはこちら! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

東京生まれの25歳。

「人生を豊かにする選択を共有していく」をコンセプトに活動中。

◆神戸大学卒
◆大学を休学し、世界一周(23カ国)
◆現在は人材系メディアWebマーケター
◆趣味:投資・筋トレ・散歩・旅行

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次